業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

出典: Q-BPM

XBRLとは、財務情報(決算データ等)がXML言語で記載されたファイルフォーマットを指す。 「eXtensible Business Reporting Language」の略。

目次

概要

XBRLはXMLで書かれているため、 記載された個々の財務データ(財務数字)について、コンピュータ可読性が高い。 全ての財務データがXBRLで保存されていると、 月別推移、他社比較や総資本回転率等の算出など、 様々な分析がきわめて容易に実現できる事になる。 内部統制報告制度などのディスクロージャー制度を充実させるものとして、 アメリカ、ヨーロッパ、中国、日本など、世界中で導入されつつある。 XBRL化を契機に、企業の情報開示のあり方、監査のあり方が大きく変わる可能性がある。

沿革

  • 1999年10月: 最初のXFRML運営委員会が開催
  • 2000年04月: 運営委員会の名称がXFRMLからXBRLに変更
  • 2000年07月: XBRL Specification 1.0 リリース
  • 2000年02月: 第1回XBRL国際会議がロンドンで開催される
  • 2001年12月: XBRL Specification 2.0 リリース
  • 2003年12月: XBRL.International、XBRL 2.1 Specificationリリース

日本におけるXBRL

日本では、2001年4月にXBRL Japanが設立されて以降、XBRLの普及に向けた活動が活発に行われてきた。

金融庁による定義

XBRL: 財務情報を効率的に作成・流通・利用できるよう、国際的に標準化されたコンピュータ言語です。XBRLでは財務報告の電子的雛型である「タクソノミ」を基に、財務報告内容そのものを表す「インスタンス」を作成します。

事例

金融庁「EDINET」や東京証券取引所「TDnet」等で導入されているが、 他にも多くの組織においてXBRLを導入した仕組みが構築されている。

  • 金融庁「EDINET」
  • 東京証券取引所「TDnet」
  • 国税庁「e-Tax」
  • 日本銀行「金融機関約 500先との間で、XBRLを用いた月次のバランスシート・データを授受」
  • 新銀行東京「電子融資申し込みシステム」

など。

日本での沿革

  • 1998年04月: 東京証券取引所「TDnet」稼働
  • 2004年06月: 金融庁「EDINET」稼働
  • 2008年03月: 金融庁「EDINETのXBRL化」(平成20年4月1日以後開始される事業年度に係る開示書類)
  • 2008年07月: 東京証券取引所「TDnetにXBRL本格導入」
  • 2008年09月: 国税庁、「XBRL Spec2.1に対応したe-Taxの運用」を開始

注)TDnet: 適時開示情報伝達システム(Timely Disclosure network)
注)EDINET: 金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(Electronic Disclosure for Investors' NETwork)

ビジネスプロセスマネジメントとの関係

業務プロセスの中から発生している個々の財務データを、 人手を介する事なく自動計算させる事で、 「財務計算に関する書類」の虚偽記載が発生するリスクを低減できる。 管理コストの削減とも合わせて、 BPMSや様々なシステムと会計システムを「直結」させる試みが行われている。

関連記事

参考文献

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA