業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

出典: Q-BPM
As-is To-be イメージ
As-is To-be イメージ

To-beとは、対象の理想的な状態や目標となる状態を指して使う言葉。

概要

多くの企業が日々様々な場面で「改善」を繰り返しているが、「改善」を行うには理想とする状態を明確にし、理想へ到達するのに問題となっている箇所を把握しなければ、効果的な「改善」は行えない。To-be とは、まさに最終的に目指すべき理想的な状態のことをさす。それに対して、現在の状況をAs-isと表現する。改善活動は、As-isからTo-beへ近づくことである。To-beは、日本語では「理想像」や「あるべき姿」などと表現する。

ビジネスアーキテクチャや業務プロセスについては、理想的な状況をTo-beモデルと表現し、現状(As-isモデル)とTo-beモデルを比較することで問題を把握し、その問題を解決するには各個人や各組織が何をしなければならないないのか具体的な行動にまでブレイクダウンしてTo-beモデルを目指していくことが望ましい。

BPMにおける活用

BPMを実施するには、今の業務の進め方をビジネスプロセス図としてモデリングし「可視化」することでAs-isモデルを把握する。それに対して、最も効率的で効果的な業務の進め方をTo-beモデルとして表現する。そして、As-isモデルとTo-beモデルを比較することで問題を把握し、改善を実施する。継続的にビジネスプロセスを改善するためには、常にビジネスプロセスTo-beモデルを明確にしAs-isモデルと比較することが重要である。

関連記事

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA