業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

出典: Q-BPM

SWOTとは、企業が置かれている現状を内部要因 / 外部要因、好影響 / 悪影響 の二つの軸から分析し、とるべきアクションを決定する分析のこと。

目次

概要

企業はさまざまな場面で意志決定する必要があるが、その際に現在の自分が置かれている環境を理解することは非常に重要になる。例えばシェア業界No.1の大企業と新規参入の小企業はとるべきアクションが違うように、置かれている状況によってとるべきアクションが異なるからだ。

置かれている現状をシンプルに分析し戦略に結びつけるためのフレームワークが、SWOT'である。そのシンプルさ故にSWOTの有効性を疑う声も多いが現状の概要を理解するには依然非常に有効なツールであることは間違いなく、今日もっとも有名なフレームワークの一つである。

SWOTは、ハーバードビジネススクール(Harvard Business School)のケネスアンドリューズ(Kenneth Andrews)らの著書「Business Policy: Text and Cases」(1965)やスタンフォード研究所(Stanford Research Institution)のアルバート・ハンフリー(Albert Humphrey)らの研究から始まったと言われている。

活用

SWOTを実際に活用するには、現状分析段階とアクション決定段階の二段階を踏まなければならない。アクション決定には現状分析が忠実に反映されなければならないし、逆に現状分析はアクション決定に役立てられて初めて有用になる。

また、現状分析段階とアクション決定段階を区別して、分析段階を「SWOT analysis」、戦略決定段階を「TOWS analysis」や「クロスSWOT analysis」と呼ぶこともある。

現状分析段階

アクション決定に先立って、現状を把握する。その際に、自分に関係する要素を洗い出し、自分の内部の要素なのか自分の外部の要素なのか目標達成に対してプラスに働く要素なのかマイナスに働くの要素なのかという2つの視点から、4つのカテゴリーに分類する。

通常、下図のように縦軸、横軸をとり、2×2のマトリックスにして分類する。それぞれのカテゴリーは以下のように呼ばれ、SWOTはそれらの頭文字をとったものである。

positive (プラス)negative (マイナス)
internal (内部) strength (強み)weakness (弱み)
external (外部) opportunity (機会) threat (脅威)
  • 内・プラス・・・Strength(強み)
  • 内・マイナス・・・Weakness(弱み)
  • 外・プラス・・・Opportunity(機会)
  • 外・マイナス・・・Threat(脅威)

外部要因としては、景気動向、人口数・人口構成、法律・制度改正、為替相場、市場環境(競合他社・顧客・供給業者・顧客・代替品)などが挙げられる。

内部要因としては、財務、マーケティング、技術、組織・人材、ブランドなどが挙げられる。

アクション決定段階

現状を分析した後にアクションを決定するが、分析段階と同じように機会・脅威、強み・弱みを縦軸・横軸にとり2×2のマトリックスを策定し、それぞれのカテゴリーについてアクションを決定する。このようにすることで、分析が忠実にアクション決定に反映される。

strength (強み)weakness (弱み)
opportunity (機会) SO戦略WO戦略
threat (脅威) ST戦略 WT戦略
  • 強み・機会・・・強みを機会の下で最大化させる戦略。StrengthとOpportunityの頭文字をとりSO戦略と呼ぶ。
例:技術力(強み)・市場ニーズ(機会)がある場合の生産ライン拡大への追加投資
  • 強み・脅威・・・強みを活かして脅威を回避する戦略。StrengthとThreatの頭文字をとりST戦略と呼ぶ。
例:技術力(強み)・新規参入(脅威)がある場合の補完品販売による顧客の囲い込み
  • 弱み・機会・・・弱みを補完して機会を活かす戦略。WeaknessとOpportunityの頭文字をとりWO戦略と呼ぶ。
例:技術力がない(弱み)・市場ニーズ(機会)がある場合の技術提携
  • 弱み・脅威・・・事業の縮小や撤退を行う戦略。WeaknessとThreatの頭文字をとりWT戦略と呼ぶ。
例:技術力がない(弱み)・新規参入(脅威)がある場合の部門売却

BPMとSWOTの関係

BPMSWOTにおける内部要因に働きかけるものであり、機会の下のビジネスプロセスにおいて実践、つまりWO戦略やSO戦略において重要視すべきである。

SWOTによって決定された戦略からKGICSFKPIを設定し、KGI達成に向けてCSFが関連するビジネスプロセスに対してKPIを使ってBPMを実践する。

このように、SWOTBPMを集中的に行うべきビジネスプロセスを判断し、BPMを行う際のツールを提供するものである。

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA