業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

出典: Q-BPM
PDCA から転送) PDCAサイクルとは、個人や組織のあらゆる活動を「P:計画」「D:実行」「C:評価」「A:改善」の順に実施し、その4活動全体を繰り返し反復させる手法や考え方を指す。今日様々な管理活動において導入され、ビジネスプロセスの管理活動においても、中心的な考え方となっている。
BPMサイクル(概念)
BPMサイクル(概念)

目次

PDCAサイクルの概要

例えば生産管理活動においては、生産計画(Plan)があって、その計画にのっとった生産活動(Do)が行われる。その生産計画のプロセスでは、単に生産数量だけが決定されているのではなく、(場合によっては暗黙的に)、「生産要員・生産手法・材料」や「品質・コスト・納期」などが決定される。「Plan-Do-Check-Act cycle」。

PDCAサイクルの考え方においては、単に計画にのっとった実行をするだけでなく、実行後に「Check(評価)」活動および「Act(改善)」活動を実施する。

PDCAサイクルとは、ビジネス活動における行動原則とも言えるが、一方で管理工数の負担が大きくなるとの指摘もある。特に、様々な実績データを収集する作業が大きな負担になりかねない。

なお、評価(Check)は「Study」と呼ばれる事もあり、PDSAサイクルと呼ぶ場合もある。またCheckおよびActをSeeとする「PDSサイクル(Plan-Do-See cycle)」と言う表現もある。

Check(評価)とは

BPMサイクル
BPMサイクル
「評価」活動においては計画と実行の差分を明らかにする。

具体的には「実行」を観測した結果を集計し、その集計結果と計画の比較を行う。 言い換えれば当該計画と当該実行から得られた経験則的知見をまとめる活動と言える。 なお「分析」や「点検」あるいは「監査」と和訳される場合もある。

  • 例a:原材料切れが発生している。その原因は「祇園祭」と言う特別な要因を共有していなかった為である。
  • 例b:現在のやり方で十分に機能している。一部やり方を認識していない人も居た。
  • 例c:見積書発行のアクティビティに停滞が見られる。誤植による再発行が多い事が主因である。

Act(改善)とは

「改善」活動においては、Check(評価)された内容、すなわち経験則的知見を踏まえ、新たなセオリーを生み出す。具体的には、それまでのセオリーの修正や拡張を行い、場合によっては廃棄する。 なお「見直し」や「対策」や「改良」と和訳される場合もある。

  • 例a:季節変動情報を収集する専属部署を設置し、全社共有させるべきである。
  • 例b:次回計画時には初期にやり方を共有すれば、なお高い成果をだせるだろう。
  • 例c:ダブルチェックを行った上で見積書発行する体制に改める。

PDCAサイクルの成り立ち

戦後日本で品質マネジメントを説いた米国のエドワーズ・デミング博士(W. Edwards Deming, 1900-1993)の名前をとって「デミング・サイクル」(Deming cycle)とも呼ばれる。 ただデミング博士自身は、氏の師であるウォルター・シューハート博士(Walter A. Shewhart, 1891-1967)が考案したものと認識していたため「シューハート・サイクル」(Shewhart cycle)と呼んでいた。

今日では、様々な国際規格や管理活動にその考え方が取り入れられている。

  • 品質マネジメントシステム「ISO9000」
  • 環境マネジメントシステム「ISO14000」
  • ソフトウェア開発におけるスパイラルモデル
  • リスクマネジメントシステム
  • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)
  • 経営計画立案
  • マーケティング活動における仮説検証、など

事例

ISO9000sにおいては、Quality System CycleとしてPDCAサイクルが取り入れられている。 品質マネジメントシステム(Quality Management System, QMS)は、ヒストグラム、散布図、パレート図、特性要因図、グラフ、チェックシート、管理図の「QC7つ道具」によって「評価」される事が多い。

  1. Plan: QMSを確立する(品質システム手順と品質計画など)
  2. Do: QMSを管理する(品質記録の管理など)
  3. Check: QMSのレビュー(検査と試験など)
  4. Act: QMSの改善(予防と是正処置、教育訓練など)

BPMとの関係

PDCAサイクルは、BPM活動において、ビジネスプロセスを継続的に改善するために取り入れられている考え方である。 PDCAサイクルはBPMサイクルと一致しており、PDCAサイクルの各フェーズとの関係は次のようになっている。

  1. Plan:業務プロセスの定義を行う (Model)
  2. Do:定義した業務プロセスに従って、業務を進める (Operate)
  3. Check:業務処理状況を把握するために、業務処理結果を集計・分析し、これらを通じて、課題を認識し、改善案を示す (Monitor)
  4. Act:認識した課題の改善を実施する (Optimize)

関連記事

参考文献

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA