業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

出典: Q-BPM

Human-Centric BPMとは、各労働者間での情報伝達等の効率化を図る管理活動を指す。 管理対象は一般的に企業内の業務プロセスにおいて各労働者へのインプットとアウトプットである。 「HC BPM」、「HC-BPM」とも呼称される。

目次

Human-Centric BPMの概要

PDCAサイクルとは

PDCAサイクルとは、個人や組織のあらゆる活動を

  • 「Plan:計画」
  • 「Do:実行」
  • 「Check:評価」
  • 「Act:改善」

の順に実施し、その4活動全体を繰り返し反復させる手法や考え方を指す。

今日様々な管理活動において導入され、ビジネスプロセスの管理活動においても、中心的な考え方となっている。

HC BPM(Human-Centric Business Process Management)とは、第一義的には、人間が実行しているタスクについて、

  • 順序の定義
  • 入力データと出力データ(判断承認等を含む)のフォーマット定義
  • 実績としての処理件数計測
  • 誰が実施すべきかの定義

を共有させる活動を指すが、管理活動はPDCAサイクル全般に及ぶ。すなわち、

  1. (新たな)プロセスの定義と共有
  2. 定義プロセスに従った業務遂行(プロセスの実行)
  3. プロセス成果の集計、目標達成理由もしくは未達成原因の解明
  4. 修正した定義プロセスに従った業務遂行

と言う管理サイクルを実践する。

今日、WebアプリケーションやEメールアプリケーション等、ネットワーク関連技術の進化により、個々労働者や現場管理者に委ねられていた進捗状況の共有データの受け渡しについても、オンラインで正確に把握する事ができつつあり、プロセス管理システム(BPM System/BPM Suite)(BPMS)によって、

  • この案件は、誰に割り当てられるべきか?
  • この処理は、誰の決裁が必要か?
  • 予定超過案件のステップはどこで、その対応者な誰か?

と言った制御やそれらの記録を実現させるケースが増えつつある。

なお、業務フロー図(Business Process Diagram)の作図ツールや、業務実績の分析ツール等も装備したシステムはBPMスイート(BPM Suite)と呼ばれる。特に機能面において、従来のワークフロー製品と近いが、「PDCA管理サイクルへの貢献(実績の記録や分析)」や、「幅広い業務への対応(動的な制御等の複雑な条件分岐設定)」などにおいて差異があるとされる。

HC-BPMS導入の目的

第一義的には以下の様な目的が想定される。

  • 社内プロセスの共有 (プロセスモデルの見える化・業務マニュアル化
  • 業務成果物の再利用性向上 (過去成果物参照による処理速度改善)
  • 所属メンバの実績把握 (人事考課での参照・テレワーカの推進)
  • 改竄等の不正発生リスクの低減 (内部統制

もっともサイクリックな管理活動であり、 最終的には「プロセスモデルを改善し続ける事」が目的とも言える。 そしてそれが、企業競争力そのものの強化企業の環境適応に繋がると言える。

HC-BPMスイートベンダ

BPMスイートベンダとしては以下の企業が挙げられる。

  • Questetra (Q-BPMサイト運営会社)
  • Appian
  • Lombardi Software
  • Pegasystems
  • Software AG
  • TIBCO
  • BEA Systems、Fujitsu
  • Savvion
  • Canon
  • HandySoft
  • Graham Technology
  • Intalio
  • Metastorm
  • Ultimus

※企業名は順不同

関連記事

参考文献

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA