業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

出典: Q-BPM
BPMシステム から転送)

BPMスイートとは、ビジネスプロセスを管理するためのソフトウェア群。業務の進め方(プロセスモデル)の定義保存だけでなく、その定義に従った業務処理環境(IT業務処理統制環境)を実現する。

目次

BPMスイートの概要

BPMスイートとは、「ビジネスプロセスの管理活動」(BPM活動)において利用されるソフトウェア群を指す。

「ワープロ、表計算、プレゼンテーション」などのソフトウェア群を「オフィススイート」と呼ぶことがあるが、「BPMスイート」(Business Process Management Suite)も、モデラソフト実行環境ソフト実行結果分析ソフトなど複数のソフトウェア製品群から構成されている場合が多い。

なお「BPMスイート」は、単に「BPMシステム」(Business Process Management System)と呼ばれる場合もある。通常「Business Process Management System」と「Business Process Management Suite」の違いを気にする事なく、単に「BPMS」と呼ぶケースが多い。

BPMSの機能

BPMサイクル
BPMサイクル
循環継続的に実施されるBPM活動を支援するために、多くのBPMS製品は、「業務の進め方(プロセスモデル)を定義保存する機能」や「業務処理結果の分析環境」だけでなく、その定義に従った「実行環境(業務処理統制環境)」を提供する。

BPM活動(ビジネスプロセス管理活動)の理想の一つとして、「ビジネスプロセス(業務の流れ)を変更した瞬間に、それを支援する情報システムも変更する」があげられるが、実行環境の改変コストは、BPMS自身の性能、BPMSの管理範囲、連携する他のシステムの変更容易性などによって様々である。

モデリング機能
 業務の進め方(プロセスモデル)を定義保存する機能。投入するリソース(人員や機器)を設定し処理数をシミュレーションする機能を含む場合もある。
オペレーティング機能
 開始終了・インプットアウトプットの管理を行う。プロセス実行機能とも呼ばれる。多くの場合、IT業務処理統制環境を実現する。
モニタリング機能
 業務処理状況の把握機能、あるいは業務処理結果の分析機能。BIを含む場合もある。

なお、プロセスモデルの変更によって実行環境を変更していく考え方を、「MDA(Model Driven Architecture:モデル駆動型アーキテクチャ)」と呼ぶことがある。

BPMSの分類

EAIとは
複数の企業情報システムを有機的に連携させるべく統合する事。Enterprise Application Integration。EAIを実現するソフトウェアとして、BEA Systems、Sun Microsystems、IBM,Appresso DataSpider などのミドルウェアが利用されるケースが多い。

BPMSとは、ビジネスプロセス管理活動(BPM活動)を支援するソフトウェア群であり、概念的に、複数の大規模情報システムを制御する事に主眼を置くものから、人間タスクを把握する事に主眼を置くものまで様々に想定される。その両者の明確な区分は難しいが、

  • 企業情報システムにより処理されるタスクの開始終了やインプットアウトプットを制御把握する (IC-BPM:EAI分野)
  • 人間タスクの開始終了やインプットアウトプットを把握する (HC-BPM:ワークフロー分野)

ものに分類することができる。

BPMシステムベンダー

ヒューマンセントリック型/システムセントリック型

ヒューマンセントリック型

システムセントリック型

関連記事

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA