業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

出典: Q-BPM
BAMイメージ
BAMイメージ

BAMとは、業務の進行状況をリアルタイムで監視すること、あるいはそれを行うためのソフトウェアのこと。Business Activity Monitoring 。

目次

概要

企業はあらかじめ設定した目標の達成に向けて活動する。様々な指標を用いて目標達成への活動の途中経過を評価する。BAMとは、このような企業の活動の中で目標に向けて業務が正しく実行されているか監視することである。経営者やマネージャーが業務の実行状況を監視し異常事態に迅速に対応することで問題の発生を未然に防げ、目標の達成の可能性が増す。

意義

CSRとは
Corporate Social Responsibility の略で、企業の社会的責任のこと。不正を行うことなく持続的に付加価値を生み出し、それを社会に還元し社会貢献することを企業に求めるものである。

BAMが、扱うビジネス課題はビジネスの「見える化」による内部統制強化や課題の顕在化などである。BAMを導入することで、経営者やマネージャーは実行結果だけでなく業務の実行状況を把握できる。それによって内部統制が強化され、不正業務処理が防止される。また、業務の結果だけでなく過程も把握できるのでボトルネックの特定もしやすく、効率的な企業活動が行える。この意味で、BAMは企業がCSRを果たす手助けになるともいえる。

対象

BAMでは、製造や流通、販売・営業などの顧客対応、在庫管理などの業務で導入されるケースが多く、具体的な監視対象としては以下のようなものが挙げられる。

  • リードタイム
  • 欠陥品率
  • 業務処理時間
  • 納期遵守率
  • 販売件数
  • 品切れ率
  • クレーム件数

機能

BAM機能は、業務の実行を支援するワークフローエンジンの処理やその上で動くアプリケーションの稼働状況を監視するミドルウエアで提供される。ワークフローエンジンやアプリケーションから情報を取得し、あらかじめ設定しておいたKPIや規則などに見合う形で加工し、経営者やマネージャーなどのプロセス管理者のダッシュボードに表示する。そして、異常発生の可能性が高まるとアラーム等の機能で担当者に通知する。

製品

具体的な製品としては以下のようなものがある。

  • 日本IBM・・・WebSphere Business Monitor
  • 日本オラクル・・・Business Activity Monitoring(Oracle BPM)
  • マイクロソフト・・・BizTalk Server

BAM と BI の違い

BAM とBI の違い
BAM とBI の違い

BAMの特徴は、「リアルタイム」で業務の実行状況を把握する点である。この「リアルタイム」という特徴はBIと比較すると明確になる。BIはこれまでの業務の実行状況について収集した情報を蓄積・分析して意思決定に役立てるものである。それに対して、BAMは、「現在どのように進行しているか」という情報を収集し、アクションに役立てる。具体例を考えるとわかりやすい。

ある販売も手掛ける製造業者を想定する。

BI

「直販店の欠品率が高い」という顧客からのクレームが多発した。問題が発生した。これまでは、在庫量が前月の販売数の30%を切ると追加発注としていた。DBに蓄積されたクレームの発生件数と各直販店の輸送時間を分析した結果、前月の50%に見直した。

このように過去の蓄積された情報を意思決定に役立てるのがBIである。

BAM

各直販店ではBAMソフトを導入し、在庫量が前月の60%切るとアラームを発生させ、担当者が常にその日毎の販売数を把握し、50%になった時点で発注するというプロセスを設定した。

上のような行動がBAMである。

BPM におけるBAM の導入

BPMではBAMが実践されることが望ましい。BPMが継続的な改善活動である以上モニタリングは欠くことができず、リアルタイムでビジネスプロセスの実行状況を監視するBAMを導入することはBPMを実践するにあたって有効な手段になる。 BIは蓄積された情報を活用するのでビジネスプロセスの再設計やKPIの設定などに有効に働く。 それに対して、BAMBIを活用して設計されたビジネスプロセスを正しく実行することに主眼が置かれている。BAMによって、ビジネスプロセス上での問題が発生するのを検知し未然に防いだり、問題が発生した際には迅速に対応したりする。

PDCAサイクルでいえば、BIは設計という立場からPlan段階で重要になり、BAMは、モニタリングという立場からCheck段階、再設計を伴わない問題解決という立場からAct段階で重要になる。BIBAMを併用することで、効果的なBPMが期待できる。

関連記事

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA