業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

出典: Q-BPM

3点セットとは、内部統制報告制度への対応ツールの俗称で、「業務記述書」、「リスクコントロールマトリックス(RCM)」、「業務フロー図」の3点のこと。

目次

3点セットの概要

金融商品取引法の内部統制報告制度は、企業の財務報告に係る業務に対する内部統制の実施を規定し、財務諸表の作成のプロセスに係る内部統制を経営者が評価しその結果を『内部統制報告書』として提出することを義務付けている。この『内部統制報告書』として提出する文書として「財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準」において例示されている3ツールが3点セットと呼ばれている。具体的には以下の3つになる。

  • 業務の流れ図(業務フロー図)・・・業務の手順を記述する。
  • 業務記述書・・・業務の詳細な内容を文書で記述する。
  • リスクと統制の対応(RCM)・・・業務プロセスにおけるリスクとその対応策の一覧表。

3点セットはあくまでも例示されただけで必ずしもこの3つの様式の文書が必要であるわけではないが、経営者自身が財務報告の信頼性に関わる業務プロセスを選定し、評価するためには3点セットの様なモノの作成が必要になる。

3点セットの作成方法

3点セットの作成にあたり、プロジェクトチームが一括で文書化を進める集中型と関連部署がそれぞれ文書化を進める分散型がある。

集中型の方法

集中型の方法が有効になるのは以下のような場合。

  • プロジェクトチームに多くの人員を投入できる場合
  • 規模の大きな単一事業の場合
  • 本社で子会社の状況が把握しやすい場合

集中型のメリットとデメリットとしては以下のようなものが挙げられる。

メリット

  • 一括して行うことで作業が効率的に実施される。
  • 進捗管理が行いやすい。
  • 文書化の形式が整えられる。
  • 即座に問題に対応できる。

デメリット

  • 業務の実行者以外が作成するので、実際との乖離が起こり多くの修正が必要となる可能性がある。
  • 内部統制の意識が各部署に浸透しない。

分散型の方法

分散型の方法が有効になるのは以下のような場合。

  • 特別な人員を割く余裕がない場合
  • 多くの子会社が存在する場合
  • 事業が多角化している場合

メリット

  • 実状を忠実に反映でき、大きな修正が必要ない。
  • 各部署において内部統制の意識が浸透する。

デメリット

  • 文書の様式が不揃い。
  • 進捗管理が行いにくい。

または、「業務記述書」のみは各部署で作成しその他の文書についてはプロジェクトチームが作成するといった方式やプロセスの職能毎にプロジェクトチームを設置する方式など、折衷案のような形で作成することもできる。

関連記事

参考文献

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA