業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

出典: Q-BPM

開始イベントとは、BPMN記法において1つのプロセスの「開始」点を表すモデリング要素である。Start Event。

目次

開始イベントの概要

イベント(Event)とは
一連のビジネスプロセスの中で生じる事柄。アクティビティの順序または時期に影響を与える。イベントは、生じる時期によって以下の3種類に分けられる。
  • 開始イベント(Start Event)
  • 中間イベント(Intermediate Event)
  • 終了イベント(End Event)

BPMNにおいて、開始イベントは、個々のプロセスが始まる場所を示す。複数の開始イベントが同じプロセスレベルに存在する場合もある。終了イベントを使用する場合、少なくとも1つの開始イベントが必要となる。

シーケンスフローにおいては開始イベントによってプロセスの流れが開始される。開始イベントに対して入力シーケンスフローが接続することはない。開始イベントはメッセージフローのターゲットになる場合があり入力メッセージを持つことができる。しかし、開始イベントをメッセージフローのソースにすることはできない。つまり、出力メッセージを持つことはできない。

開始イベントの表記

開始イベントは1本の細線で描かれた丸で表記される。丸の中に置かれたマーカーによって、イベントの誘因(「トリガー」)が識別される。以下の表でトリガーのタイプと、それぞれのトリガーで使用されるマーカーを示す。

プロセス開始の誘因(トリガー)説明マーカー
なし(none) イベントのタイプを示さない。親プロセスがフローの誘因になる場合に開始するサブプロセスに対して使用される。image:Start event none.png
メッセージ(Message) 関係者から到達するメッセージが誘因となってプロセスが開始される。image:Start event message.png
タイマー(Timer) 特定の日時・サイクル(毎月10日、隔週月曜日など)が誘因となってプロセスが開始される。image:Start event timer.png
条件(Conditional) ある条件式(たとえば累積顧客数が100人を突破すること)が真(True)になればそれが誘因となる。通常、同じ親プロセス内に2つのサブプロセスがある。image:Start event conditional.png
シグナル(Signal) 他のプロセスから伝わったシグナルが誘因となって、プロセスが開始される。複数のプロセスが同じシグナルによって開始することもある。image:Start event signal.png
複合(Multiple) プロセスの誘因が複数存在し、プロセスを開始するためにはそのうちの1つだけが必要となることを示す。image:Start event multiple.png

BPMN1.0仕様からの変更点

BPMN1.0仕様からBPMN1.1仕様への移行によって、表記および名称の点で変更が見られた。

  • 「条件(Conditional)」というトリガーの名称について:「ルール(Rule)」という名称から変更
  • 「シグナル(Signal)」について:BPMN1.1において新しく追加
  • BPMN1.0における「リンク(Link)」について:BPMN1.1において開始イベントのトリガーとしては消滅
  • 「複合(Maltiple)」について:マーカーの形状の変更(六芒星(ろくぼうせい)型から五角形へ)

開始イベント使用例

出版社における記事執筆から印刷までの流れ
出版社における記事執筆から印刷までの流れ

関連記事

参考文献

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA