業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

プロセスモデル

出典: Q-BPM

プロセスモデルとは、業務の進め方を定義したもの。図解表記されるケースが多い。ビジネスプロセスモデル。Process Model。

目次

プロセスモデルの概要

プロセスを定義する要素
プロセスを定義する要素
プロセスモデルとは、業務の流れ(タスク群の順序)を定義したもの。各タスクの実行手順に順序に従って「左から右へ」もしくは「上から下へ」と図解表記されるケースが多い。なお、概念的にはフローモデルだけでなくデータモデル等も含め得る。

プロセスモデルを要素分解した一例は以下の通り。

  • フローモデル (ダイアグラムの定義)
  • 分岐条件 (ダイアグラム内に書ききれない条件の定義)
  • 割当モデル (各タスク担当者の定義)
  • データモデル (入出力/可視性の定義)

プロセスモデルは、「どの様に処理するのか」(How to work)を記述する事が第一目的であり、多くの人に理解される必要がある。特に重要な要素である「フローモデル」や「割当モデル」については、BPMNEPCと言う表記法で図解表記される事が多い。

なお、その図解表記された図は、「業務フロー図」あるいは「ビジネスプロセス図」あるいは「プロセスダイアグラム」などと呼ばれる。また、様々な要素を含んでいるプロセスモデルをデータ化し、ひとまとまりにしたものを「プロセスアーカイブ」と呼ぶ場合がある。プロセスアーカイブのフォーマットは情報システム(BPMSERPなど)によって異なる。

プロセスモデルの範囲

そもそも「モデル」と言う言葉には様々な意味があるが、「プロセスモデル」で使われている「モデル」は対象を論理的に単純化もしくは形式化した物の意味をもつ。現実には「より複雑な構造」をしていたり「より多くの情報」を持っていたりする事象をモデル化し、「全体の把握」、「法則の発見」や「将来の予測」等に活用される事が多い。

例:「プラモデル(単純化)」、「二重らせんモデル(形式化)」など

したがって、プロセスモデルが「いずれの要素から成り立っているか」「いずれの要素から成り立つべきか」については、把握されるべき事実(対象プロセス)・把握する主体(コンピュータ)によって柔軟に判断されるべきであると言える。なお、要素の例についてはBPDM(Business Process Definition MetaModel)と言う仕様が存在する。

プロセスモデルの活用

「業務の流れ」あるいは「タスクの実行順序」はしばしば変更される。

ビジネスプロセス管理(BPM)活動においては、第一に常に現状のプロセスモデルを把握する事が重要であり、よってプロセスモデル自体は容易に改編できるモノである事が望ましい。現状のプロセスモデルを特に「As-Isモデル」と呼ぶことがある。

他方、未来のプロセスモデルを記述する事もある。単に微細な変更後の「業務の流れ」を記述する場合もあれば、あるべき姿を記述する場合もある。組織にとって理想的なあるべき姿を特に「To-Beモデル」と呼ぶことがある。

なお、「プロセスモデルに従って実際に処理される個々の案件の事」をプロセスインスタンスと呼ぶ。例えば「プロセスインスタンスの数」とは「処理件数」を意味する。

モデリング記法・モデリング言語

プロセスモデルを定義する規格として、「人間が理解しやすい図解表記」だけでなく、「コンピュータが理解しやすいテキストフォーマット」が存在する。それぞれに、用途、範囲が異なる。

  • BPMN: 図解表記
  • XPDL: テキストフォーマット
  • BPEL: テキストフォーマット
  • EPC

関連記事

参考文献

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA