業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

プロセス・インスタンス

出典: Q-BPM
プロセスインスタンス から転送)

「稟議プロセス」と言った「プロセス定義(Process Definition)」に対して、その定義にのっとって行われた具体的な案件の事を「プロセスインスタンス(Process Instance)」と呼ぶ。すなわち「来期システム調達の稟議」は「稟議プロセス」の「プロセスインスタンス」である。

目次

プロセスインスタンスの概要

図1. プロセスインスタンスのイメージ
図1. プロセスインスタンスのイメージ

プロセスインスタンスとは「プロセスの例」や「とあるプロセス」とも訳せる。

単にプロセスと言った場合、手順や実行者と言った「プロセスの定義」(プロセスモデル)を指す場合と、“当月の売上集計”と言った「具体的な業務処理案件」を指す場合がある。すなわち「プロセス」と言う語が、その定義を指しているのか、その実態を指しているのか明確に区別したい場合がある。

BPMにおいては、定義を指すには「プロセス定義(Process Definition)」あるいは「プロセスモデル(Process Model)」を使い、実態を指すには「プロセスインスタンス(Process Instance)」を使う。

例えば「見積プロセスのプロセスインスタンスは今月10個走ったが、その内2個に停滞が見られた。プロセスモデル自体を見直したい」と言った用例となる。なお、そもそもインスタンスとは「例、例示、実態、a single fact、event、example」と言った意味であり、オブジェクト指向概念の中で発展してきた。オブジェクト指向においては、抽象的なモノを「クラス」、具体的なモノを「インスタンス」と呼ぶ。例えば「鈴木さん」は人間クラスのインスタンスである

プロセスインスタンスの分類

  • 実行中のプロセスインスタンス: 定義されたプロセスを未だ完了していない実態。図2においてD、E、F。
  • 完了したプロセスインスタンス: 定義されたプロセスをすべて終了した実態。図2において右側の箱に入っているモノ。
  • プロセスインスタンスの集計: プロセスインスタンスの数を数えたり、それぞれのプロセスインスタンスが保持するデータ(例:売上データ)を項目別に集計したりする。完了したモノだけでなく、実行中のモノを集計する事もある。
図2. プロセスインスタンスの分類
図2. プロセスインスタンスの分類

関連記事

column 日本人には難解…
instanceを辞書で引くと「要請、手続、実例」などが出てくる。が、残念ながら「プロセス例」と言われても日本人にはピンと来ない。確かに「for instance(例えば)」と言う熟語を習った気がするがinstanceそのものの概念は習った記憶が無い。ソフトウェア業界では、その適訳探しを諦めカタカナ表記に甘んじている。ちなみに英英辞典で引くと「There have been several instances of terrorists planting bombs in the city.」と物騒な用例があった。どう訳せば良いのだろうか。(町に爆弾を仕掛けるテロリストのインスタンスが何人か居た)--nana 2008年9月12日 (金) 10:57 (JST)

参考文献

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA