業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

ガントチャート

出典: Q-BPM

目次

ガントチャートとは、 生産管理・プロジェクト管理の際などに利用される作業計画やスケジュールを棒グラフで示した工程管理図やその表記法のこと。
呼び名は、考案者のヘンリー・ローレンス・ガントの名前に由来する。

概要

ガントチャートは、縦軸にタスクもしくはリソースを、横軸に時間をとり、タスクを行ったりリソースを使用している期間を棒の長さで表すものである。古典的管理法の代表とされる。
ガントチャートの長所は、視覚的にタスクの進捗状況、リソースの稼働状況を把握できることである。土木関連や製造業の生産管理などに広く用いられている。また、IT関連分野でも用いられることが多い。一方で、短所としては、複数のタスク・リソースが関係する場合、タスク・リソースの相互関係を把握しづらく、管理の優先順位をつけることが困難である点が挙げられる。

ガントは、科学的管理法の発案者であるテイラーの下で科学的管理法の研究を行っており、その影響からガントチャートの根底にも科学的に管理することで効率的な活動・資源配分を行おうとする姿勢が見える。
ガントチャート作図例
ガントチャート作図例

現代の代表的な工程計画・管理手法の多くが、ガントチャートと関連するものであり、その功績は大きい。

ガントチャートの背景

1900年代初めにヘンリー・ローレンス・ガントによって考案された。当初は、横軸はリソースやタスクの量をとっていたが、その後時間をとるようになる。
1922年にガントの部下のウォーレスクラークが「The Gantt chart a working tool of management」を出版し、広く認知された。その後、フーバーダム建設や、インターステートハイウェイ網の建設などの大規模プロジェクトの管理法として使用された。これら大規模工事に使用されたことにより古典的管理方法としての地位を確立した。
また、マイルストーンを書き込んだマイルストーンチャートや、タスク同士の依存関係を示す補助線を加えた書き方などさまざまな書き方へと派生した。
現代の代表的な工程計画・管理手法の一つであるPERT法もその一つ。

沿革

  • 1903年 「A Graphical Daily Balance in Manufacture」発表
  • 1916年 「Work, Wages, and Profits」出版
  • 1919年 「Organizing for Work」出版
  • 1922年 ウォーレスクラークが「The Gantt chart a working tool of management」を出版
  • 1931年 フーバーダム建設
  • 1956年 インターステートハイウェイ網建設

用例

上で述べた通り、ガントチャートは土木関連、生産関連、プロジェクト管理など様々な分野で利用されている。
ガントチャートを描くソフトウェアとしては

  • Microsoft Project
  • GanttProject
  • ProjectKeeper OSS

などがある。

また、Excelなどでも簡単なものを作成することはできる。

BPMにおけるガントチャートの有効性

ガントチャートの有効性として、タスク、タスクにかかる時間、タスクの達成状況などを可視化することができる。また、ガントチャートを作成するためには、タスクの洗い出し、スケジューリング、必要人員などのプロセスモデルが明確である必要性があり、ガントチャートを作成することによってプロセスモデルの再整理、明確化することもできる。よって業務プロセスを改善、管理していくことを目的とするBPMにおいても有効性の高いツールといえる。

関連記事

参考文献

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA