業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

アクティビティ

出典: Q-BPM

アクティビティはBPMにおいては作業の総称を指す。アクティビティの内、それ以上分割できないものを明示的に「タスク」、連続的なまとまりを明示的に「サブプロセス」と呼ぶ場合がある。Activity。

目次

アクティビティの概要

標準化団体

そもそもアクティビティと言う言葉は日常生活においても様々な意味で用いられており、例えば「屋外レジャーの総称」、「リハビリ治療のサポート」、「交流会」など、活動・動作・作業に類する意味をもつ。BPM分野においても、「一連のビジネスプロセスの中で遂行される作業」を総称する。

アクティビティには、5分で終わるものから一週間もしくはそれ以上の時間を要するものまで様々なスケールが想定されるが、BPMNにおいては「それ以上分割できない単一の作業」である事を明示すべき時には「タスク」あるいは「原始アクティビティ(それ以上分割できないと言う意)」、また「複合的な作業まとまり」である事を明示すべき時には「サブプロセス(場合によってはプロセス)」を用いる。なお、プロセス内のアクティビティをツリー構造で表した時に、タスク(原子アクティビティ)は、リーフノード(葉要素)となる。

XPDLでの特別なアクティビティ

フローオブジェクト

image:Objectoo.png

XPDLにおいては、外部呼出しで再利用が想定されているアクティビティのセット(Activity Set)、すなわち「再利用可能型サブプロセス」(Reusable SubProcess)をサブフロー(Subflow)と呼ぶ場合がある。またさらに、再利用が想定されていないアクティビティのセット、すなわち「内部組み込み型サブプロセス」(Embedded SubProcess)をブロックアクティビティ(Block Activity)と呼ぶ場合がある。これらの表現はBPMNでは適用されない。

BPMNとXPDLでのアクティビティ定義の違い

OMGが監督するBPMN仕様書(PDF:318p)において、アクティビティは他のグラフィカルオブジェクトと明確に区別されている。すなわち、BPDの一要素であるフローオブジェクトは、1.イベント(Events)、2.アクティビティ(Activities)、3.ゲートウェイ(Gateways)の3要素で構成され、アクティビティはゲートウェイ等を含まない。

他方、WfMCが監督するXPDL(XMLプロセス定義言語)においては、BPMNで言う所のフローオブジェクトを全てを「プロセスアクティビティ(Process Activity)」と呼ぶ場合がある。すなわち、ゲートウェイとイベントがプロセスアクティビティと呼ばれる事がある。なお「ゲートウェイ」は特にルートアクティビティ(Route Activity)と呼ばれる。

これらの表現はBPMN記法では利用できない。

アクティビティの図解表記法

接続オブジェクト

image:connecting-objects.png

BPMN記法にてアクティビティを図解表記する場合には角が丸い長方形で示す。

なお「ループ」、「マルチインスタンス」、「補償」、「アドホック」の4種類のマーカーを付す事がある。それぞれ下図の様に図解表記される。

  • ループ: アクティビティが反復される
  • マルチインスタンス: 同時に複数のインスタンスが生成される
  • アドホック: サブプロセス内のタスク順番が事前に定義できない
  • 補償: プロセス中のいずれかのタスクで「取り消し」が行われた時に呼びだされる可能性がある特殊なアクティビティで入出力のシーケンスフローが無い。通常フロー以外の場所に描かれ、呼びだす可能性があるタスクとは“関連”(接続オブジェクト)で結ばれる。ループもしくはマルチインスタンスと組み合わせて利用される。

※ マルチインスタンスのマーカー表記がBPMN1.0とBPMN1.1とで異なる点は注意が必要である。

アクティビティの図解表記例(BPMN)
アクティビティの図解表記例(BPMN)

沿革

  • 1999年02月: WfMC、「Terminology & Glossary」(PDF:65p
  • 2002年10月: WfMC、「Workflow Process Definition Interface -- XML Process Definition Language」(PDF:499KB,87p
  • 2004年05月: BPMI、「Business Process Modeling Notation, version 1.0」
  • 2005年10月: WfMC、「Process Definition Interface -- XML Process Definition Language (XPDL2.0)」(PDF:2.4MB,164p
  • 2006年02月: OMG、「Business Process Modeling Notation Final Adopted Specification」
  • 2008年01月: OMG、「Business Process Modeling Notation, version 1.1」(PDF:318p

関連記事

参考文献

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA