業務フロー図ライブラリ Q Business Process Management

出典: Q-BPM
KGI イメージ
KGI イメージ

KGIとは、企業の戦略目標が達成されたか否かを判断するための指標のことで、通常は目標値という形で示される。Key Goal Indicator、重要目標達成指標。


目次

概要

KGI は、目標の達成度合いを測るための指標である。例えば、「売上UP」などの抽象的な目標に対して、「何%UP」といった目標達成を定義する指標がKGIである。具体的な指標と目標値によって「達成」が定義されることで、実際に戦略目標がどの程度達成されたのかを評価することができる。そのような評価を受けて、改善やマネジメントが行われることになる。

KGIを設定するには、業務の現在の状態(As-is)の分析と目指すべき状態(To-be)の設定が欠かせない。

  1. As-isの分析による、問題の抽出
  2. To-beの設定
  3. To-beからKGIを設定

KGIではTo-beへの到達度合いが正確に反映されなければならない。

KGI・CSF・KPIの関係

KGI に関連した用語としてKPICSF があり、これらの関係性を把握することでKGI の理解が深まる。

  • KGI・・・目標の達成度合いを測るための指標。具体的な目標とその尺度が設定される。
  • CSF・・・KGIの達成を大きく左右する要因。資源が集中的に割り当てられる項目が明確になる。
  • KPI・・・CSFが望ましい状況にあるかを把握するための指標。定量的な指標を設定する。

これら3つを明確に設定することで、目標達成に必要な具体的アクションの決定とそのモニタリングが可能になる。KGIKPIも共に経営状況を把握する有効なツールであるが、前者が最終的な目標が達成されたか否かを判断する指標であるのに対し、後者は途中経過がどのような状況か把握するための指標である。

BPMにおける管理指標の活用方法

PDCAサイクルとは

PDCAサイクルとは、個人や組織のあらゆる活動を

  • 「Plan:計画」
  • 「Do:実行」
  • 「Check:評価」
  • 「Act:改善」

の順に実施し、その4活動全体を繰り返し反復させる手法や考え方を指す。

今日様々な管理活動において導入され、ビジネスプロセスの管理活動においても、中心的な考え方となっている。

BPMを効果的に実施するには、PDCAサイクルの各ステップにおいてKGICSFKPIを利用する。

PDCAサイクル中の「Plan段階」における測定指標

ビジネスプロセスの設計に際してKGIが設定される必要がある。KGIが設定されることで、プロセスの評価を行うことができる。

PDCAサイクル中の「Check(BAM)段階」における測定指標

効果的なモニタリングにはKPIが推奨される。KPIKGIから導き出したCSFから設定される。

また、複数の視点からKGIを設定するのがBSCであるが、その代表的な視点として

  • 財務的視点
  • 顧客視点
  • プロセス視点
  • 学習視点

が挙げられる。BPMにおいてビジネスプロセス単位のKGIを設定すると、当該プロセスが目標に対してどの程度最適化されているか判断できる。最適化されたプロセスで業務を行った結果は、顧客視点、財務視点のKGIの目標値達成に大いに貢献するものとなる。

具体例

具体例として、原稿作成プロセスを取り上げたい。

上の原稿作成プロセスにおいて、

  • 多くの記事を作成する
  • 質の高い記事を作成する

といった目標の違いによって、設定されるKGIは、

  • 完成記事数・・・X個/日
  • リードタイム・・・X日/個
  • レビューにおいて秀逸認定

等が考えられる。KGIが設定された後に、このKGI達成を左右する要因のCSFが抽出される。

関連記事

ツールボックス
リンク元
リンク先の更新状況
アップロード
特別ページ
印刷用バージョン
この版への固定リンク
 

カテゴリ
一般名詞 | 固有名詞 | 汎用業務プロセス | 基幹系業務プロセス | 支援管理系業務プロセス
Q-BPM Q-BPMでは企業内の業務フローについて、そのサンプルプロセスを幅広く例示し、業務フロー図の作成を支援します。 (※ 業務フロー図: 業務の流れ図/ビジネスダイアグラム/業務プロセス図) 当サイトは世界中の協力者を募るクラウドソース型情報発信サイトであり、サイトコンテンツは原則として「特定条件を満たせば転載可能」な「CC-By SA」と呼ばれるライセンスのもとに公開されます。 株式会社クエステトラ このサイトはBPMに興味があるが多数の書籍や文献、難しい用語の調査に膨大な時間を費やしている世界中のビジネスマンの為に株式会社クエステトラによって始められました。株式会社クエステトラはBPMに興味があるが多くの関連用語を調べたり文献を探したりする手間を減らして、BPMを理解したり、BPMを実際に活用したりする時間を世界中のビジネスマンに貢献したいと思っています。

Powered by MediaWiki CreativeCommons By SA